読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がちゃこん!

スタートはいつもここから。

MT-09TRACER インプレ その1

バイク MT-09TRACER

慣らし第1段階

TRACERが納車されたのは2月21日とまだまだ気温が低く、タイヤのグリップに注意が

必要な時期だったので、取説記載の慣らし運転(1000kmまで6800rpm以下)よりも

慎重に、カワサキ式に2段階に分けて行いました。

 

まずは800kmまで4000rpm以下。6速だとぴったり100km/hで走れるので高速道路含め

不都合はありません。D-modeはAやSTDだと回転上昇が早く簡単に4000rpmを超えて

しまう為、Bで固定。トラクションコントロールは当然ONのままです。 

 

走り出す前に

  まず跨った時の足着きですが、身長181cm体重72kg(ただし胴長短足の

日本人体型)だとシート高845mm(2段階調整の低い状態)で両足のかかとまで接地。

シート前端やステップ周りの幅が狭い為か、ほぼ同じシート高840mmのversysよりも

若干足着きは良好だと感じました。

 

そのversysと比べてハンドルバーはやや低くて遠く幅が広く、ステップは

大分後ろよりで、着座位置の真下より半歩下がった辺り。

自然と背骨が前傾し、極端に言うとモトクロスのスタート時のような、

ハンドルに覆いかぶさるようなポジションになります。

シートの前後長に余裕があるので、着座位置を調整して楽なポジションを

探ることも出来ますが、オフ車ともオンロードともつかない奇妙なポジションです。

スタート

キルスイッチを下に押し込むとセルが回るという、これまた奇妙な方式で

エンジンスタート。クラッチを握りギアを一速へがちゃこん!

クラッチを繋いで発進・・・おっとっと、ミートポイントが遠くてなかなか

繋がりません。アクセル回してる右に力がかかるので若干右にふらつきながらの

発進となりました。

走り出してすぐに感じたのは重心の低さと、それに対する着座位置の高さ。

まるでGSX-RのようなSSの乗車感覚に近いです。

 

しばらく街中を流してみると、交差点でも車線変更でも変なクセも無くスイスイ

曲がるけど、どうにも手応えが薄いのもSS的。

 

これは厄介な物件に手を出してしまったかもしれんね・・・(その2へ続く)

f:id:dasaki:20150430214205j:plain